PROFILE


吉村司

ビジネスGPTプロデューサー

ご挨拶

文系の背景を持ち、文系のビジネス畑を歩んできました。

そんな私ですが、ChatGPTに出会ってから、人生が変わったように感じています。

ChatGPTの「使い道」をいろいろ考えるのが面白くてたまらないのです。

 

(ほかのAIもそうですが)ChatGPTは日に日に進化しています。

ときには大幅なアップデートも行われています。

その都度、「それまで考えていた使い道」がしばしば陳腐化します。

しかし他方、それまで出来なかったことが出来るようになったり、新しい機能が追加されたりすることで、新たな用途を考える余地が生まれます。

 

たとえるなら、自動車が発明されたとき、それまで(乗り物としての)馬の使い道を考えていた人は、それが陳腐化したことにショックを受けたかもしれません。

ですが、自動車が登場したことで、新しく「自動車の使い道」という思考領域も生まれたわけです。

 

ChatGPTが進化するたびに、使い道のスクラップ&ビルドが必要になります。

これはまさしくイタチごっこですが、しかし刺激に満ちています。

ChatGPTの進化を追いかけながら、常に新しい使い道を見出すことは、私にとって非常に充実したものです。

 

このラボではとくに、小規模ビジネスのオーナーにとって有意義なChatGPTの使い道を考えることに情熱を注いでいます。
このプロセスは終わりがありません。
テクノロジーが進化する限り、新しい可能性は絶えず私たちの前に広がっています。
私はこの動的な環境で学び続け、新しいアイデアを現実に変えることで、ビジネスも人生も豊かにしていきたいと思っています。
これが、文系のビジネス畑を歩んできた私が、技術の進歩と共に新たな章を刻む方法です。

 

略歴

  • 石川県金沢市生まれ。
  • 東京大学経済学部卒。
  • 20代~30代前半:日商岩井株式会社(現 双日株式会社)にて米国駐在を経験。
  • 30代後半:食品専門商社にて社内起業(ヘルスケアビジネス・健康経営)を経験。
  • 40代:日本野菜ソムリエ協会の起業メンバー・理事として、協会の立ち上げと経営を経験。
  • 50代~:一般社団法人協会総研/代表理事、日本ビジネスモデル鑑定士協会/理事
  • 2023年:ChatGPTの魅力に取りつかれ、人生が変わる。